話し方教室でお悩み改善!おすすめ6選


home > 話し方教室について > 話し方教室で話し方を学んでみよう

話し方教室で話し方を学んでみよう

 人によっては、話をするのが好きで人見知りもしない人がいます。しかし、中には中々自分から声をかけられず、話の輪に入れない人もいます。そうなってしまうと、疎外感を感じてしまい、ますます輪に入っていくのが難しくなってしまいます。折角、相手が目の前にいるのに、萎縮して話することができないなんて勿体ないです。そこで、話し方教室に通って、話し方を学びます。中々声をかけられない人は、知らないかもしれませんが、声をかける方も緊張していないわけではないです。上手く話が弾まなかったらどうしょうという気持ちは、誰だって持っています。それでも、目の前の相手と話がしたいから、勇気を振り絞って話しかけています。それを知っていれば、失敗を恐れて萎縮するなんて、勿体ないことはありません。

 また、話し方というのは、日常生活だけに役立つわけではありません。仕事をする上でも、話をするということは大切です。上司や部下は人間であり、コミュニケーションなくしては、仕事を円滑に進めていくことができません。特に、中間管理職になると、上からも下からも板挟みになってしまって、身動きが取れなくなってしまいます。そんな袋小路に落ちないためにも、対話することは大切です。普段から、しっかりコミュニケーションを取っていれば、信頼感を育むことができます。要所要所で相談を受けられるし、勝手に暴走されることもありません。一緒にトラブルを解決しようと奔走できるし、それができればもっと信頼を得ることができます。良い方向へと一緒に進めるようにできれば、中間管理職という職業を全うしているともいえます。

 他には、恋人関係や家族関係にも、応用することができます。相手が寡黙でどんなことを考えているのかわからないっということもあります。家族となり、長い時間をかければ、その意図を汲み取ることもできるかもしれませんが、恋人同士ではそうはいきません。自分のことをどう見ているのか、自分と過ごした時間をどう感じたのか、言葉にして欲しい時期でもあります。自分の意見を一方的に伝えるだけでは、相手も困ってしまいます。実際には、若く経験が少ないことから、どう伝えていいのかわからないだけのこともあるからです。返答が返って来なくても、求めていることを伝えていくことです。恋人同士であれば、互いの記念日やクリスマスなどのイベントを利用することも効果的かもしれません。焦らず、ゆっくりと伝えることから始めます。

ページトップへ