誰が健康診断代行サービスを使うのか傾向を解説

健康診断の代行と言っても、替え玉やなりすましをするという意味ではありません。これらは完全に反則行為であるため絶対に行動に起こしてはいけません。健康診断は、現状の健康状態を把握するために欠かせないものであり、自身のためのものです。そして、会社組織にとっては、従業員の健康というものは営業活動に必須のものです。また、労働安全衛生法という法律により、事業者は従業員の健康診断を義務付けてもいるのです。しかしながら、中々このような業務に割く時間がない、というのも事業者側の本音でもあるのではないでしょうか。そんな中で、健康診断に関する業務を代行してくれるような会社も存在していることを知っている人は少ないのではないでしょうか。今回、そんな知られざるサービスについてご紹介をします。

代行サービスを導入することのメリットその1

健康診断の実施は義務だとは言っても、従業員の中には、なかなか受診を必ずしも行ってくれない人も一定数いるのではないでしょうか。理由は人それぞれあり、担当者としては苦慮する部分でもあるかと思います。また、受診状況全体の把握であったり、手配をするのにも苦労を重ねている担当者もいるはずです。これらの問題を抱えている場合、このような部分を全て負担してくれるところが、健康診断代行サービスの魅力的なポイントです。また、受診者としてもメリットを感じられる部分もあります。それは、代行サービス会社のネットワークを活用し、受診日や時間等の融通性を向上させ、利便性を上げられることです。これが結果的に、受診率の向上、未受診者の減少に繋がり、担当者の催促の労力も割くことができるようになるのです。

代行サービスを導入することのメリットその2

先に挙げたメリットの他にも、様々な利点があります。健康診断を代行して行ってもらうことができれば、データの集約、まとめについても一切の労力を要しません。健康についての数値を見やすく解説してもらえる会社もあります。このようなサービスがあれば、従業員個々の健康意識の向上にも繋がることでしょう。中には健康診断業務にプラスアルファし、うつ病の予防を目的としたサービスを提供している会社もあります。うつ病が原因で最悪の結果が出てしまうと、会社の労働災害を疑われてしますケースも想定されます。このようなことが発生してしまうと、会社にとっては最大のリスクにもなり得ます。最悪のケースを想定し、多少の負担を容認してサービスを利用した方が、リスク回避になるのです。人事的な業務が追い付かないような会社はぜひ検討してみて下さい。