簡単に健康診断の代行業者を探す方法

事業者は従業員を雇用した際に、定期的に健康診断を行うのが義務となっています。通常は年1回ですが、深夜業務や有害な環境の中で働く健康への影響が大きい特定業務従事者の場合には、年2回の実施が義務付けられています。並びに、50人規模の従業員を雇用する企業であれば労働基準監督署に健康診断で判明した結果を報告しなければなりません。企業で毎年行われる定期健康診断業務には、想定している以上に手間と時間を費やします。医療機関と従業員とのスケジュール調整や書類の作成など担当者の負担が非常に大きく、手が回らなくなってしまうことがあります。それでは担当者が本来の業務に集中できず、モチベーションやクオリティーが低下してしまう不安もあります。そこで、健康診断の代行サービスを利用する企業が増えています。

健康診断代行のサービスやサポート内容

健康診断の代行サービスとは、企業の担当者に代わり、定期健診の予約や清算義務など一連の業務を一括で代行してくれるサービスです。健診結果のデータ化を外部に委託する必要もなくなり、コスト削減にもなります。従業員の問い合わせにも対応してくれるので、担当者の負担が大きく軽減され効率的です。人事異動などで担当者が変わり、業務の引き継ぎに手間がかかり対処が難しくなることもなくなります。健康に関して不安に思っていることなどオンラインでの相談も可能であり、受診対象者の年齢に合わせて健診を追加することもできます。予約、受診状況もスマートフォンなどで簡単に確認できるので、健康診断の受診率アップにも繋がります。受診率が低いと労働基準監督署より指導を受けることもあるので、双方にとってメリットがあると言えるでしょう。

企業の成長にも繋がる従業員の健康維持

近年、健康経営という言葉が注目されるようになりました。そして健康診断受診率の低下は、事業のリスクにも繋がります。従業員が増え、急成長している企業は注意しなければなりません。ストレスチェックも義務化され、心身ともにサポートする責任が問われています。しかし従業員の健康を守ることで、結果として企業の成長や業務品質の向上に繋がるのです。忙しくて暇がないなど、受診を拒否する従業員もいるかもしれません。そのためできるだけ受診しやすい環境を整えておくことが大切です。多くの健診機関と契約している代行業者に一括して依頼することで、従業員全員の診断結果を一元して管理することができるようになります。いろいろな代行会社の比較ができるサイトもあるので、どこのサービスや内容が良いのか、自社に合った代行業者を探すこともできます。