注意するべき健康診断代行サービスの利用

健康診断の代行サービスは、企業の担当者に代わって、社内の定期検診の予約や清算業務を代行します。また、健康保険組合で提供している各検診の補助業務を手伝ってくれるサービスを行っています。代行サービスを行うことで様々な課題を解決できます。企業の規模にもよりますが、従業員が約100人~500人の中小企業で、それだけの人数のデータをまとめておくことは、かなりの重労働であり時間もそれだけかかります。その時間を有効に活用し企業が成長するために使うことも出来るので、代行サービスは画期的なサービスだといえます。会社が成長し従業員が増えている会社では、健康診断の受診率の低下が企業のリスクにつながります。予約・受診状況の把握や連絡も、人事が手間をかけず受診率をあげることが出来ます。

健康診断の代行サービスの流れについて

診察予約と清算代行の流れは、企業によって多少異なりますが、企業の人事部や健康保険組合が代行サービスのコールセンターへ、健康診断の受診車の対象者の情報を伝えます。そして、健康診断の受診対象者は検診の予約をコールセンターへ行います。それから、コールセンターから医療機関健康から診断の対象者の受診の予約を代行して行い、受診対象者へ受診券の発行を行います。そして、ようやく医療機関へ受診することが出来ます。そして受診が終わると、医療機関からコールセンターへ請求書と健康診断の結果が送られます。そして、コールセンターから企業の人事部や健康保険組合へ請求書と健康診断の結果が送られてきます。企業の人事部や健康保険組合が直接関わることがないので、企業のコスト削減や時間を有効に活用できます。

健康診断の代行のメリットとデメリット

健康診断の予約管理や検診機関とのやり取りに負担を感じている方やコントロールができない方、健康診断の度に判断基準や数値が異なり、データ化するのに時間がかかったり、見える化ができない方に利用することをオススメしているサービスです。健康診断に関する業務を一貫して、代行サービス業者におまかせ出来るので大幅な企業のコスト削減や教務の効率化が測れます。また、企業の人事部だけでなく受診をする従業員の分からないや不安なことなども気軽に相談や連絡を取れるサービスを行っている所もあるので、安心して受診が出来るように体制が整えられています。健康診断の代行サービスは、企業の人事部や健康保険組合だけではなく、従業員の負担の軽減にもつながっていき、メリットも大きいです。代行サービスにもさまざまあり、中にはやり取りが止まり、連絡がつかないケースもあったり、高額請求などもあると聞くので注意が必要です。