料金面で知る健康診断代行サービスの相場

長時間労働や過度な残業などで健康を害してしまったり、精神状態が悪くなってしまったりといったケースが社会問題となっています。今、企業において、従業員の健康管理は必須となっています。身体や生命の安全を確保したうえで働けるよう配慮が求められており、労働契約法において明文化されています。怠ってしまうと、企業に損害賠償を命じるといったケースもあります。そんな中、従業員の健康診断をサポートする健康診断代行サービスが注目されています。企業内の担当者がこれまで行ってきた、健康診断の予約や精算、結果の管理などすべてを一括してアウトソーシングできるシステムです。健康診断代行サービスを行う業者はたくさんあり、希望する条件に合った業者を探してもらえるサービスもあります。相場については初期費用のほか月々の管理費用数万円、従業員数に応じた代行費用などがかかり、導入時は100万円ほどみておけばよいでしょう。

健康診断代行サービスについての具体的内容

健康診断代行サービスは多くの企業が導入しており、全国各地に事業所がある企業や従業員数の多い企業などでは全国に提携医療機関を持っていることで、医療機関との調整も全てお任せでき便利です。また統一フォームでデータ管理ができる点も評判となっています。業者ごとにさまざまな工夫が盛り込まれており、要望や企業規模に応じた選択が重要です。健康診断結果をオリジナルテンプレートで見やすく管理されていたり、受信状況の管理や未受診者への督促はもちろん、経年で管理できるようデータベース作成してもらえるので、従業員の健康サポートとしても心強いです。企業内で管理するには煩雑すぎる業務も一括委託できるので、初期費用としてある程度の費用はかかるものの、結果的にコストダウンできることは間違いありません。

健康診断の代行サービスを利用するメリット

企業内で従業員に対する健康診断サポートを行う場合、医療機関の確保や健診の予約手配、健診結果の回収、結果の管理という業務が発生し、事業所の数や従業員の人数が多ければ多いほど煩雑な業務となります。予約の漏れや従業員からの回答漏れ、健診結果を紛失するなど、問題点も多くあります。また補助金申請や精算の手間、データ化の負担など、取り上げればきりがないほどです。これらすべてを代行サービスに委託すれば、健康診断の受診率を上げながら、本来の業務に集中できるため事務効率を高められます。健診利用者にとっても、インターネットで予約ができる仕組みや過去の健診結果データを閲覧できる仕組み、うっかり受診を忘れてしまった場合のお知らせ機能など、代行システムの利用でスマートな健康管理が実現します。