女性用の喪服はこんな特徴があります

遺族であれば正式な喪服を着用しますが、葬儀に参列する場合には遺族程大げさにならない略式の喪服か地味な平服を着るようにします。ここでは葬儀に参列する際の女性の和装と洋装それぞれの特徴とメイクや小物の選び方、更に急な葬儀で着ていく礼服がない場合の対処法について紹介します。まず女性の場合、通夜に和装で参列する場合には黒喪服の着物かねずみ色や寒色系で地味な色合いの色無地一つ紋、三つ紋付などを選びます。一方、葬儀・告別式の場合にはこれに加え地味な小紋に黒い帯も適しています。また半襟、長襦袢、足袋以外の小物は黒を選ぶようにします。この他洋装の場合には通夜と葬儀・告別式どちらの場合であれ黒無地のスーツやワンピース、アンサンブルの他、地味な色の礼装も適しています。

女性が葬儀に参列する際に適したメイクや小物とは

女性が葬儀に参列する際、メイクは礼儀としてしますが口紅はベージュ系を選ぶなど色味を抑えるようにします。またアイメイクは控えて地味な印象に仕上げる他、香水はつけないか香りの弱い者を選ぶようにします。この他にもマニキュアは色の濃い物は避けるようにし、つけるのであればベージュ系や透明の物など色味のない物を選びます。葬儀にふさわしい靴はヒールがついていて光沢のない布か革製の黒のパンプスを選ぶようにしますが、飾りのついている物やヒールが高すぎる物は避けるようにします。またアクセサリーは涙を表す黒か白の真珠が適していますが、二連以上の物は不幸が重なるという意味合いになるため避けるようにします。更にストッキングは肌がやや透ける程度の薄さで黒い物を選ぶようにします。

急な葬儀で着ていく喪服がない場合には

急な葬儀でふさわしい服を用意していない、準備が間に合わないという場合も中には想定されます。そういった場合には葬儀社や貸衣装から衣装を借りることで対応できるようになっています。更に貸衣装では礼服に加え小型の黒のバッグや黒のパンプス、真珠のネックレスなどをセットにしたレンタルもあります。これに加えて大きいサイズやマタニティ向けのゆったりとしたもの、授乳が楽にできるタイプの礼服も選べる場合があります。また葬儀社からもレンタルできますが、あまりに直前であれば手配できない場合もあるため、事前に相談するようにします。加えて和装の場合であれば着付けについても相談に乗ってもらえる場合があります。葬儀の基本は地味な装いであるため、礼服以外にメイクやアクセサリーも地味でおさえ目にするよう心がけます。


最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし