女性用の喪服の購入方法から保管法

不幸というのは突然やってくるもので、若い人はあまり関係ないと思っている人も多いですが社会人になってくると身内の不幸も少なからずあります。学生時代は制服での参列で服装を考える必要もなかったですが、社会人ではそうはいかず喪服の購入が必要となってきます。男性は黒っぽいスーツなので、結婚式にも着ることができますが、女性の喪服はそうはいきません。ただ、そこまで頻繁に使う服でもないので、できるだけ長く着ることの出来る服を選ぶことが必要です。素材がいい物を選んだとしても、保管がずさんであれば虫食いなどによって着ることが出来なくなる可能性もあります。しっかりとした物を選んで、保管も代用のきく服とは別にしっかりする必要があります。そのため、選ぶのは慎重にします。

女性の冠婚葬祭の時の服を購入する注意

冠婚葬祭の時、結婚式は前もってわかっているので自分で選ぶ猶予があります。ただ、お葬式は突然なのでそういうわけにもいきません。何の前触れもなく訪れるので、自分専用のものを一着購入しておく必要があります。どこで購入したらいいのかわからない人も多いです。普通の服屋さんにはあまり置いていないため、主にデパートや百貨店などに行くことがおすすめです。安い日用品と共に洋服を売っているスーパーにも売ってあることがあります。比較的、デパートと比べて安いです。百貨店などであれば、専門の店員がいるので詳しく聞くこともできますし、値段はそれなりに高いですがうまく保管をすることが出来れば、長持ちします。通販販売も安く購入ができますが、購入時には長く使うことを前提に試着を必ずします。

喪服を選ぶ時と保管をする時の注意

女性用の喪服はスカート、ワンピースが主流です。購入前に必ず試着をして膝丈を確認する必要があります。膝丈がしっかり隠れるようにするのはマナーです。また、お通夜やお葬式に参列となると畳の上に座ることもあるため、正座をしても膝が隠れることも頭に入れて選ぶ必要があります。保管方法としては、使用するたびにクリーニングに出すことが無難です。家で洗濯することもできる服も増えているので、購入時に確認することが必要です。また、普段使いの服とは別に保管します。たたんで保管するよりも、ハンガーにかけて吊して保管すると折れ目がつかずきれいなままなので、いざ使用するときにも困りません。また、適宜外に出して通気性を良くする必要があります。防虫剤も使用して、虫食いが無いようにします


最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし