アルバイトとタイムカード

高校入学すぐから大学卒業まで途切れることなくアルバイトをしてきました。職種を変えることはありましたが、掛け持ちや短期をつなぎ途切れさせることはしませんでした。その働き先のほとんどにあるのがタイムカードです。開始時間から終了時間までを記録するもので、その記録が自身の給料に直結します。しかしその記録の給料計算は場所によって異なり、1分単位でお金がもらえるところから、15分単位、さらには30分単位のところまであります。29分でタイムカードを切ってしまうとほぼ30分ただ働きという痛いことになってしまいます。一番多いのが15分単位で、1分単位の会社は求人広告でうたい文句にしていることも多いです。それほど少数で、働くほうからすれば嬉しい制度ということです。同じ時間働くなら誰でも多く給料が貰えたほうがいいに決まっていますからね。

紙製のタイムカードとその他の方式について

仕事をしている大体の方は、タイムカードという紙製のカードをタイムレコーダーに挿入し、出勤・退勤などの時刻を記録するということをしていて、タイムカードは、身近なものといってもいいのではないでしょうか。ほとんどの職場では紙製のものを使ってるようですが、中には、ICカードや指紋・指静脈などの生体認証方式や、パソコンを使って勤怠管理をしている職場などもあるようです。私も以前勤めていた職場では、その職場で発行しているクレジットカードにタイムカードの機能を付けて出勤管理をしていました。ほとんどの会社では紙製のものを使っているようで、紙だと価格が安価ですし、印字する方式ですと、パソコンなどを使用するより簡単で、誰でも印字を確認できるということが理由のようですね。最新式よりも昔ながらの方式が根強く使われているようで、安価で簡単な方式はしばらく続きそうですね。

タイムカードの性質重要性

タイムカードの性質や重要性はやはり会社次第でしょう。そういったものたちを押さずに残業するときもありますがそういったものは仲間で起業し自由に働く普通の会社とは形の違うもので一線を引いています。タイムカードを使用しているほうがより企業的でビジネスライクでいいという方もいますし、そうでない方もいますので。それぞれご自身の好みに合った会社を選択するとよいと感じています。カードに記録することで、後々の記憶があいまいにならず、的確にお給料を払えたりもしますし、良い事も多いのでそうやって管理しているも多いと考えられます。我々は日々仕事をすることは当たり前のようになっていますが、働き方の形は様々あって人それぞれであることは確かなようです。またタイムカードはさっと記録できるのでそういった面ではコンパクトでさっと記録できて便利だと判断しています。

複数勤務体系設定、休暇や残業の管理申請機能を搭載した勤怠管理システムです! 4000社のグループウェア導入実績を誇るJ-MOTTOが開発したワークフローサービスです! スケジュール管理や勤怠管理などの営業支援ツール、使って便利な25機能が標準装備されています! タイムカードでもっと簡単勤怠管理J-MOTTO